易の処世法  巽卦〜未済卦

 

 さて解説の形式は以下のようになってます。
  ○卦名と意味するもの
  ○卦の一般的な解説
  ○爻の意味(どれも6つあります。それぞれ身分を表したり、物事の進展の仕方を表します)の説明になります
  ○僕の注釈

巽為風   風・自由奔放

 巽は風であり、どこにでも入り込むという性質を持っ ています。自由奔放で柔軟性を持っている一方で、ふらふらとして定まらない不安定なものも表します。この卦に当たる 人は迷うことが多いのですが、優れた指導者に従うのがよいでしょう。

  1. 進んで、また退く。武人のように行動するがよい。
  2. 謙虚な態度でひざまずく。神の神託を受けるならば吉にして咎めはない。
  3. 謙虚も度が過ぎれば損失となる。
  4. 後悔はなくなる。狩りをして種々の獲物を得るだろう。
  5. 慎重であれば吉。後悔はない。初めはみすぼらしくても、終わりには立派に成長する。変革に 当たっては熟慮して行けば吉。
  6. 謙虚な態度でひざまずくが、財産を失ってしまう。正しくても凶。

 

 

 

 

 

 「風のように生きる」というと自由闊達に生き、俗世 間に囚われないというという意味がありますが、その一方で自分がない、当てにならないと言う意味もあります。フリー で生きる人々は、ある意味自由ですが身分は不安定なものです。困ったときはよい先輩に頼るのが良いでしょう。

兌為沢   悦び

 兌は悦び、少女、口を表します。基本的には良い卦な のですが、口は災いの元ということもあります。貞しきに利ありとありますので、真ある悦びだけが吉となります。この 悦びを貫いていくのならば、天命にかない下の者は労苦を忘れて付き従います。

  1. 疑う心なく、和して悦ぶ。吉。
  2. 誠があって悦ぶ。吉にして後悔はない。
  3. 人が来て悦ぶが凶。
  4. 悦びについて相談するが未だにまとまらない。一時は病気や困窮に陥るが喜びがあるだろう。
  5. 誠を持って、人の和の顔を剥がす。危機に陥る。
  6. 身を引いて悦ぶといった状況。

 

 

 

 

 

 四爻は商兌であり、計算した上で相手を悦ばすもので す。贈り物やお世辞の類でありますが、これに長けていたのは豊臣秀吉であります。

風水渙   散る・解ける

 渙は散る、解ける、離れることで、苦難解消や停滞し てしたものが動き出すという卦です。良い卦なのですが、逆に、散るという象から一家離散や民心の離反をも表します。 このことを考慮していけば大きな危機も乗り越えることができるでしょう。

  1. 味方の危機を壮馬が救う。従っていけば吉。
  2. 元気に任せて机を蹴飛ばす。願い事は叶い、後悔はない。
  3. その身を発散する。後悔はない。
  4. 団体を解散する。大吉。一度解散してから再結集する。大きな事業が達成できる。
  5. 王が号令を発する。王位は安泰で咎めはない。
  6. 流血の事態にあう。身を遠くに移動して巻き込まれないようにすれば咎めはない。

 

 

 

 

 

 四爻は一見悪いことに見えますが、再構築(リストラ クチャリング)のことです。ただ、日本的なリストラの意味ではなく(解雇や、ダウンサイジングではない)、合併統合 など企業や政治なの各種団体の効率化、協力関係を示しています。

水沢節   節度・調節

 節は節度、調節、バランスをとるを表します。節度を 守ることによって中道を行い、苦難に対処していくのが正しいと説きます。原則に固執しすぎれば行き詰まります。バラ ンスをよくとることによって、四季のように美しい姿が現れます。

  1. 家から外に出ない。慎重に構えること。咎めなし。
  2. 庭から外に出ないので凶。機会を失ってしまう。
  3. 節度を失ったために、嘆き悲しむことあり。咎めはないが誰かを咎めることはできない。
  4. 節度に安心する。物事がとおる。
  5. 節度を守って、中庸に甘んずる。吉。物事を行うときは栄誉を受ける。
  6. 苦節する。慎重すぎれば行き場を失って凶。後悔はない。

 

 

 

 

 

 易では足らざるくらいを良しとして、多すぎるのは凶 と見ます。この節度とは少し足らないくらい、腹八分目くらいを丁度良いと考えます。物事には限界があり、あまり欲 張っても良いことはありません。

風沢中孚   真心・誠実

 中孚は心に誠実さが満ちていること、互いに相手を理 解し感応することから生まれる「信」です。誠意で人を率いれば、下の者はどんな鈍感な者でも感動し従います。誠実で あれば大河を渡る危険を冒しても大丈夫です。

  1. 相手は誠実だが初対面なので警戒するのがよい。しかし、全く信ぜずいい加減に扱うのも良く ない。
  2. 鶴が物陰で鳴き、子がこれに和して鳴くように、自慢の酒杯で飲み交わすという信頼の状況。
  3. 敵に出会う。攻めたり、休んだり、泣いたり、歌ったりする。損得なし。
  4. もうすぐ満月で、馬(仲間)二匹に逃げられる。しかし咎めはないだろう。
  5. 誠ある仲間が出来て手を繋ぐ。咎めはない。
  6. 鶏が天に昇ろうとするが長く続かない。正道を守っても凶。

 

 

 

 

 

 六爻は時を告げる鶏が、思い上がって天に昇ろうとす るすがたで、「思い上がった信」は信でないと易は説きます。一部の宗教のように思い上がった「信」は他人に迷惑であ ると同時に自分にも害毒を与えます。二爻のように信を交わすという状況ではなく、人が離れて行ってしまいます。この 六爻に当たった人は自分が何かを過信してないか反省する必要があるでしょう。

雷山小過   控えめであれ

 小過は沢風大過に対応するもので積極的に大問題に取 り組もうとせずに、消極的と言われるほど控えめに事に当たれば大吉となります。大事より小事、上るよりも下るほうが 大切であると説きます。

  1. 鳥が高すぎるほど飛び立つ。凶。
  2. 祖父に会えずに祖母に会い、君主に会えずに廷臣に会う。咎めはない。
  3. 警戒する余り、まだ来ぬ相手に対して防御の準備をすると、相手の反感を抱かせ攻めてくるか もしれない。凶。
  4. 相手が来ない内に出て行って、相手と出会う。危険なので注意すること。
  5. 黒雲が出ているのに雨が降らない。しかし、まもなく西の郊外から降ってくるだろう。君主は 弓で穴に隠れている獲物を狩ろうとする。
  6. 偶然外で出会う。鳥がまっすぐ網に掛かる。凶。災難がくる。

 

 

 

 

 

 

 万事控えめというのがこの卦の意味ですが、人間、何 事もやりすぎる形があります。感情に任せて怒りすぎたり、節税しようとして脱税になってしまったり、車の運転でス ピードを出しすぎたり。そう言うことを戒めているのがこの卦です。

水火既済   成就・完成

 既済は事が全て成就することを表し、完成をも表しま す。この状態を固く維持して変わることがなければ順調です。しかし、完成は崩壊の序曲であり、混乱へと落ちていきま す。

  1. 車を引き止め、川を渡ろうとした狐が尾を濡らしたの知って引き返す。咎めはない。
  2. 車で行く婦人が馬車の覆いを盗まれる。追いかけることはない、中道を守っていれば七日以内 に戻ってくる。
  3. 高宗は北方の蛮族を討伐し、三年掛けて平定したが国内は疲弊した。小人は使ってはいけな い。
  4. 水に濡れたのをボロ布で拭き取る。絶えず警戒すること。
  5. 東隣では牛を生け贄にして盛大な祭りを行うが、西隣の質素な真心を込めた祭りにかなわな い。西隣は大いに吉が来るだろう。
  6. 川を渡ろうとして首まで濡らす。危うい。

 

 

 

 

 

 

 易は英名を「変化の書」と言います。物事は循環し、 終わりはまた始まりでもあります。既済が最後ではないのはこのためです。極みはすなわち転じ、下降線へと続いていき ます。この状態では、物事が極まっているので願い事は少しだけとおります。大いにはとおりません。

火水未済   未完成・流転

 未済は未完成を表します。子狐が川を渡るのに今一歩 でその尾を濡らしてしまうという運勢で、万事順調にはいかないとしています。一致協力して難関を切り抜ければ願い事 は通じます。

  1. 川を渡ろうとしてその尾を濡らす。すこし損失あり。
  2. 車を引き留める。中道を守って慎重であれば吉。
  3. すぐには渡り終えない。進むのは凶。慎重であれば大河を渡ることができるだろう。
  4. 慎重であれば吉。後悔はない。発憤して北方の蛮族を討伐すれば、三年後には大国に封ぜられ る。
  5. 慎重であれば吉。後悔はない。誠を持った地位のある人が助けてくれるだろう。信頼して吉。
  6. 誠を持って祝杯をあげる。咎はない。節度を知らず歓楽にふければ誠意はあっても正道を失 う。

 

 

 

 

 


 この未済を持って、易はまた乾から始まります。未済 はその名の通り終わりではなく、始まりです。終わりなどないというのが易の思想にあります。この世は刻々と移り変 わっており、未済はその段階の一部でしかありません。既済ですらそうです。万物流転の思想がこの卦が最後にあること から窺えます。

随時内容を追加修正します

戻る

 


(c)Copyright HAZAWA KEIICHI 2007 All rights reserved